タイプ別の治療

ニキビにはいくつかのタイプがあり、これによって原因や対策法、適した治療などが異なります。皮膚科のなかにはニキビ治療を専門に行っているところもあるので、こういった医療機関に相談に行くのが1番です。

Read more...

原因を知ろう

巻き爪になる時には、いくつかのきっかけや原因が考えられます。治療を行うといった場合には、皮膚科での治療を行うようにしましょう。東京では、巻き爪を専門としている病院がいくつかあります。

Read more...

解決する

皮膚に関するトラブルなら、専門の皮膚科を利用しましょう。皮膚科は皮膚に関する症状を細かく理解している病院になるため、皮膚に起きた問題を早急に解決してくれます。そのため、皮膚で問題がおきたら迷わず利用しましょう。

Read more...

お手入れと注意

これからの皮膚のお手入れは

そもそも、皮膚科とは何かを考えると最も患者にとって関わりのある身近な病院であると考えられます。なぜかというとつまり、人間にとっては臓器系の異常は自分自身をとっても異常が感じられないまま、病状が悪化していくことがままありますが、こと皮膚においては、自分自身の目で確かめられるので、それ以上の悪化を防ぐことが、予防措置もしやすいことになります。また、自身の老いに従って、皮膚のトラブルが増していくことにも、わかっていれば対処しやすいので、高齢化社会を迎えるなかでも、まずは皮膚科に相談してみてから、病気の治療を考えていくことが主流になることもありえます。単なる皮膚病と思っていても、痛風、蕁麻疹、疥癬、乾癬と原因を自分自身で判断するのではなく、皮膚科の医師の診療を受けることが重要です。 醜いからと恥ずかしいからと、皮膚科の診断を断る人がいることがいますが、積極的に相談すべきです。

皮膚科にかかる際の注意

皮膚科にかかる前に、どんな病気なら皮膚科に行って治療されるのが良いのかを先に知ると、皮膚科との診療にも役に立ちます。まず第一には、どんな軽い状態にでも皮膚、または皮膚を含む肛門、唇、などの外面から内面に関わる粘膜部分の問題でも異常の程度におさまらず、皮膚科に相談と治療を頼むことです。例えば、赤ら顔と一口に言っても、皮膚科に正しくかかれば、それは重大な病気につながるサインだったとわかるかもしれません。また、軟膏の正しい塗り方、内服薬の適切なタイミングなどを教えてもらえることは、大きなメリットです。やけど程度の軽症だからと、自己判断で薬の使用を行うことは、後遺症につながる可能性は少なくありません。特に、小さなお子様がいる家庭では、念の為にも診断をお願いするべきです。